1ef8c3ca8dcd8cc953d96ffc96158804_s

総量規制の影響でお金に困ったら闇金に行くしかない人は市役所へ

賃金業法では、総量規制が導入されています。

この総量規制というのは、年収3分の1までしか貸付ができないという決まりになります。

そのため働いていても、年収が300万なら100万までしか上限では借りられません。

また安定した稼ぐ収入がない状態ですと、お金がない時も借りることもできないのです。

支払いが必要なのは、無職の時なのに、これでは全く頼りになりません。

この総量規制というのは、返済できないでお金に困った時のような金額を貸し付ける方法によって、借金に悩まされる人が多く、自己破産などを余儀なくされることが社会的に問題となり、導入された制度になります。

そのため借りる側の人を保護するための制度のはずだったのですが、結局そのせいで無職の場合は借りることがどうしてもできなくなってしまったのです。

そうなると、闇金で借りるしかなくなりますが、それは避けたいものです。

そんな中、意外と知られていないのが、市役所でお金を借りることができるという体験談です。

生活のお金に困ったら市役所でお金を借りるというのは、電話の相談でもなかなかすぐには聞かないですし、どうしようか想像がしづらいです。