19

お金持ちはケチが多い

日本の経済は、あまりうまく回っていません。指標上は、なんとか低成長を続けていますが、一般庶民の感覚は、全然そうではありません。なぜならば、可処分所得が下がっているからです。

日本は、サラリーマンが非常に多いです。非正規社員だって、サラリーマンですからね。その人達は、給料と通勤手当から、社会保障費や税金を差し引かれて、手取りとなります。

その手取り金額が増えるどころか減って、物価が上がっているんですから、当然ですよね。

その理由って、お金持ちの人々が、株で儲けたり、事業で成功したからといって、お金を使わないからだと思います。日本人って質素が美徳とかずっと倹約的な生活を送っていて、それが当たり前になっているのです。

これでは、日本政府が思い描いたトリクルダウンにはならず、格差は、益々広がるばかりです。お金持ちはケチが多いというのは、日本の特徴ですね。