04

お小遣い稼ぎの手順

毎月稼ぎたい金額が決まったら、次は、「自分がお小遣い稼ぎのために、毎月使える時間はどのくらいか?」を考えてみましょう。

ただし、注意してほしいことがあります。それはできるだけ、家族や仕事に負担をかけない範囲で考えてほしいということです。

私は以前、会社に勤めながら、平日に5時間ほど宅配便の仕分けのアルバイトをしていました。具体的には、9時から20時まで、本業の会社勤め。その後、夜の1時から朝の6時までアルバイトという感じでした。今思うと結構ハードですね。

そのおかげで、毎月お小遣いを9万円ほど稼ぐことができました。しかし、1日の睡眠時間が平均3時間という状態のまま無理を続けていた結果、本業の勤務中に居眠りをして上司から厳重注意を受けたり、家族から「夜な夜な外出されると落ち着かない」と苦情を受けたりしました。

お小遣いを稼ぎたい気持ちはわかります。しかし、本業に支障が出るほどの時間をお小遣い稼ぎに使うべきではありません。そして、大切にするべき家族を犠牲にしないように配慮することも大切です。